遅くなり家路急ぐもUターン

[日記]辻褄合わせとUターン

別に悪い事をしているわけではなく今日まで予定していた仕事を淡々とこなす。ワークの時間が取れてよかった。
予定立てろとかいわれるがほぼ絶対に守らせてくれないのに何なだろうな、一体。
少し遅くなって帰る途中、家まで数百メートルまで来たところで電話がかかりUターン。当たり前、とは全然思わないが勤務時間とか労働基準法とかを考えたらこんなことしてていいのかと思う今日この頃。高齢化のみ進むうちの職場いつまでもつかなあ…

[日記]朝~夜

通常時刻に起床。
朝食後、「白の旋風」号で出勤。
朝から夜に掛けてお仕事。
夜撤収。
家までもう少しというところで電話がかかり、内容を聞いてUターン。そしてしばらく仕事して漸く帰宅。なんだかなあ。
特捜9」最終回。陳腐すぎるディープフェイク話はまあいいとしたくはないが、クリフハンガーにするようなレベルか、これ。そして予想はしていたが浅輪昇進、新藤卒業。逆ならともかくこれはあかん。まあ新藤の中の人のキャリアを考えれば正しいが、追加要員が旧ジャニとか坂道とかだったら、「9係」から続くこのシリーズも本当に終わりの始まりかもしれない。ひどいことになったなあ。

[日記]お仕事

ちまちま。
打ち合わせを縫って担当分の設計書をバタバタ書き直して提出。またひっくり返そうだが、まあそれはそれで。
そして定例の打ち合わせの時間になっても作業があるのでおろおろする。出番には間に合ったけれど余裕がない。スケジュールなんて入れててもだれも見ててくれないのは何故だろう。
なんだかんだで少し遅くなり、帰ろうとして家まであと少しのところでUターンして調査。どうにか対応したけれど呼び出しとか労働基準法では実際どう扱われるべきなのか割合本気で始めた。遅いけど。あとどれだけできるのかな…